ソールライター展

 

駅のポスターを見て

なにこの心くすぐる写真?絵?

あぁ、写真〜!とずっと気になってた

写真展「ソール・ライター展」に行ってきた。

 

www.bunkamura.co.jp

 

 f:id:kisap:20170614122224j:image

まず冨樫先生のラフのような撮影スポット。

 

中に入るとオシャレで独特な構図で切り取られたニューヨークの写真と名言がちらほら。

 

私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。

神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。

なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ、

 

うんうん、

私も家の窓からUFO見たことあるし。

 

 

f:id:kisap:20170614124140j:image

 

f:id:kisap:20170614123841j:image

 

ラボのアシスタントが「もう傘は沢山!」と

ソールライターに言ったとき、

彼の答えは一言「私は傘が大好きなんだ!」。

 

可愛らしい一面。

確かに傘の写真が目立った。

 

 f:id:kisap:20170614123934j:image

 

 

私は無視されることに自分の人生を費やした。

それで、いつもとても幸福だった。

無視されることは偉大な特権である。

 

承認欲求を超えた先の自分には難しい言葉。

心ゆくまで写真を撮ること、絵を描くことだけに没頭したいという意味か…

 

 

f:id:kisap:20170614185257j:image

 

珍しく写真集を買ってしまった。

行き詰まった時にヒントをくれそうだ。

 

 

22世紀アート様よりインタビューを受けました。

 

電子書籍出版社 22世紀アート様より、

「未来のアートシーンを築き、これからの時代を担っていく若者たちにフォーカス」

というテーマのもと、インタビューを受けさせていただきました。

 

POP UP ARTIST - 電子書籍出版社 22世紀アート

 

改めて自分を見つめ直し、今後どうしていきたいか確認もできました。

良い機会を与えていただいたことに感謝しています。

 

 

 

そして新しくQRコードをふんだんに使った名刺を作りました。

これ認識するか恐る恐るかざしたところ、、

 

セーフ!!

読み取れるドレス。

 

 

f:id:kisap:20170603002143j:plain

 

フォントは彗星のごとく現れた「タイプライター」

自分の好きなフォントランキングで1,2位に食い込む勢い。

そうだ私はノスタルジックに弱い。

制作中は母に借りたABBAをかけていたし。

 

ビジュアルイメージが先かBGMが先か。

 

 

フォントといえば

fontworks.co.jp

 

そそる。

 

フォントって奥深い。

フォントに。

 

 

所謂プロローグ

 

皆さん、はじめまして。

自他共に認めるウーパールーパー、kisaです。

イラスト、グラフィックデザイン

仕事をして生きています。

 

kisaというのは本名のサキを逆にしたもので、

もう一人の私、無意識の自分、逆転の発想、

陰と陽の心、といった意味を込めました。

 

絵は深層心理やインスピレーションから始まり、

導かれているような感覚になる時があります。

 

クリエイティブ職の場合やはりアイディアが

大事であり常に斬新なもの、センスが求められます。

凝り固まった考え方ではなく真逆の視点、

客観的な視点で視野を広く持つことを心掛け、

良いものが生み出せる様精進していきたいです。

 

 

履歴書〜

 

 

そんな由来のあるトレーナーを

細々と販売していたり。

 kisa.base.ec

 

 

 日記は7.8年前にmixiで書いた以来。

面白いこと書けるか自信はありま…

せんがとにかく綴ってみます。

 

 

 

 

 

おまけ

 

ヘッダーの文字なし版。

よろしければ一筆箋にどうぞ。

f:id:kisap:20170424123221j:image