ソールライター展

 

駅のポスターを見て

なにこの心くすぐる写真?絵?

あぁ、写真〜!とずっと気になってた

写真展「ソール・ライター展」に行ってきた。

 

www.bunkamura.co.jp

 

 f:id:kisap:20170614122224j:image

まず冨樫先生のラフのような撮影スポット。

 

中に入るとオシャレで独特な構図で切り取られたニューヨークの写真と名言がちらほら。

 

私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。

神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。

なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ、

 

うんうん、

私も家の窓からUFO見たことあるし。

 

 

f:id:kisap:20170614124140j:image

 

f:id:kisap:20170614123841j:image

 

ラボのアシスタントが「もう傘は沢山!」と

ソールライターに言ったとき、

彼の答えは一言「私は傘が大好きなんだ!」。

 

可愛らしい一面。

確かに傘の写真が目立った。

 

 f:id:kisap:20170614123934j:image

 

 

私は無視されることに自分の人生を費やした。

それで、いつもとても幸福だった。

無視されることは偉大な特権である。

 

承認欲求を超えた先の自分には難しい言葉。

心ゆくまで写真を撮ること、絵を描くことだけに没頭したいという意味か…

 

 

f:id:kisap:20170614185257j:image

 

珍しく写真集を買ってしまった。

行き詰まった時にヒントをくれそうだ。