湿気た心に映画「アメリ」を。

 

なかなか更新できてませんが・・・

このブログを見てくれている人がいたら焼きプリンあげます。

 

焼きプリンといえば、そう、アメリ。

 

連日の雨で心も湿気ているような、

そこで久しぶりにDVDレンタルをした。

 

小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ。22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた。そして、あることをきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出したアメリ。そんなアメリも自分の幸せにはまったく無頓着。ある日、不思議な青年ニノに出会ったアメリはたちまち恋に落ちてしまうのだったが、アメリは自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ず…。

 

お洒落でノスタルジック、毒気のある世界観に

魔法少女のようなアメリ。

そして空想好きで内にこもりがち、変人。

自分と似ている部分があるのかすごい親しみが湧く。

 

f:id:kisap:20171023184023j:plain

 

他人を幸せにする為に良かれと思ってしていることも

言うなれば不法侵入、器物破損、文書偽造・・・

暴走しとるなー!

 

 

ニノという変人に恋するとこは本当にキュンとくる。

終盤のガラス男のセリフはグっときた。

 

君の骨はガラスでできているわけじゃない。人生にぶつかっても大丈夫だ。もしこのチャンスを逃せば、やがてはお前の心はわしの骨のように、乾いてもろくなってしまうだろう。

 

 

アメリが働いていたカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」

パリに実際にある!

クレームブリュレが絶品らしく食べたいな〜

 

f:id:kisap:20171023164147j:plain

cafedesdeuxmoulins.fr

 

 

幸せな気持ちになる

何度も観たくなる映画でした。